Projects‎ > ‎Information Security‎ > ‎Honeypot‎ > ‎implement‎ > ‎

license

Roo CDROM User's Manual

この章の目的は Honeywall CDROM の配布に関するライセンスと保証について説明することである. このドキュメントや Honeywall CDROM にバグや訂正を見つけたら私たちの Bugzilla Server に知らせてほしい. 
また日本語訳に関する間違いや問題などは eba[at]vogue.is.uec.ac.jp もしくは hidesuke[at]vogue.is.uec.ac.jp までメールで知らせて下さい 
[Last Modified: 23 March, 2005]

9 ライセンス

9.1 ライセンス

Honeywall CDROM は様々なオープンソースソフトウェアを集めたものである. 特に指定がなければこの CDROM のソフトウェアは GNU GENERAL PUBLIC LICENCE に該当する.この CDROM の標準的なパッケージのソースコードはそれぞれのオリジナルの提供者によって利用できる (例えば Debian, RedHat, Mandrake の FTP サーバ).この CDROM の Honeynet Project によって開発されたいくつかのソフトウェアは Honeynet Project が著作権を保持し,BSD LICENCE に該当する.このソフトウェアはヘッダに記載されているため識別が可能である.Honeynet Project が開発したソフトウェアのソースコードは私たちのホームウェブサイトで見つけることができるだろう.

9.2 保証の除外

このソフトウェアは非商用に開発されたプログラムであり,(工業的な使い方では) バグを含み,意図したように機能しないかもしれないことをあなたは同意したものとする.このソフトウェアは "無保証" である.他の関連するソフトウェア,無違反と販売品の暗黙の保証と特殊な目的への適正を含み,明示的,暗黙的,制定法であっても Honeynet Project はすべての責任を放棄する.

9.3 責任制限

Honeynet Project はこのソフトウェアとその使用によるデータの損失,利益の損失,保証金,その他特殊な事態,偶発的,重大,直接的,間接的な損害が発生しても,どのような原因であろうと,どのような責任の理由であろうと一切の責任を負わないものとする.この制限はたとえ Honeynet Project がそのような損害の可能性を忠告されていたとしても適用される.あなたは相応のリスクを負うものとする.

<-Back Home Next->